« 通研「やまぐち」9月号 | トップページ | 山口県手話言語条例のこれから »

2020年10月13日 (火曜日)

秋、つれづれ…

ご無沙汰しております。
…誰ですか。気にしていないとかおっしゃるのは。

山口も本部も、他の手話関係団体も、例年の行事の中止が多くて
「お知らせ!」の機会が少ないです。
とはいえ運営委員会はいつも通り開催していて、各委員も元気です。
(詳しくは「通研やまぐち」をご覧くださいね)

今年度は山口県のいくつかの市で「手話言語条例」制定への動きがありますね。
できたところはおめでとうございます。
これからのところは温かく見守りましょう。
耳タコのように言われ尽くされていますが、制定されたら、そこは新たなスタートです。
私たち手話関係者も関われることがあります。条例を活かせるように継続して学習しましょう。

朝晩と日中の気温差が大きくなった気がします。秋なんですねぇ。
秋って、あっという間に過ぎ去っていくと思いませんか?秋でーす。来ましたー。さよならー。みたいな。
そしてまだ呼んでいないうちから冬がやってくる…。


情報宣伝部より

« 通研「やまぐち」9月号 | トップページ | 山口県手話言語条例のこれから »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

山口支部のこと

メール送信

出版物

全通研Books

  • ☆研究誌139号:  全国手話通訳問題研究会
    特集 支部活動における他団体との共同
  • ☆聴覚障害者百人に聞きました:     全通研山口支部・山口県ろうあ連盟
       ¥1,000円
    実際に100人の聴覚障害者に聞取りをしています。20代~60代等の方の、現場で働く生の声が収録されています。

聴覚障害者        「自立支援法」

全通研Links

無料ブログはココログ