« 全通研 中国ブロック リラクゼーション講座 | トップページ | 私たちの見たい 聞きたい しゃべり隊 »

2017年11月 7日 (火曜日)

山口県手話通訳問題研究会討論集会

「ろう者の社会的自由をめざして 全国手話検定試験の成り立ちと展望」

 毎年行われる全国手話検定試験。チャレンジした方も多いのではないでしょうか? この試験を行っているのが全国手話研修センターです。 今回は所長の小出さんにお越しいただき、全国手話検定試験のなぜ?そうなんだ!をお話しいただきます。
 午後からは商品をかけて「新しい手話」にチャレンジしてみましょう。

●日  時:平成29年12月10日(日)10:00~15:00
  午  前:全国手話研修センター 所長 小出新一氏
  午  後:「新しい手話で遊ぼう!」

●場  所:山口県聴覚障害者情報センター

●参加費:会員 500円  未会員1,000円
       ※お弁当が必要な方は500円で斡旋します。

お申込みはお近くの運営委員までお声かけください。

« 全通研 中国ブロック リラクゼーション講座 | トップページ | 私たちの見たい 聞きたい しゃべり隊 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山口県手話通訳問題研究会討論集会:

« 全通研 中国ブロック リラクゼーション講座 | トップページ | 私たちの見たい 聞きたい しゃべり隊 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メール送信

出版物

全通研Books

  • ☆研究誌139号:  全国手話通訳問題研究会
    特集 支部活動における他団体との共同
  • ☆聴覚障害者百人に聞きました:     全通研山口支部・山口県ろうあ連盟
       ¥1,000円
    実際に100人の聴覚障害者に聞取りをしています。20代~60代等の方の、現場で働く生の声が収録されています。

聴覚障害者        「自立支援法」

全通研Links

無料ブログはココログ