« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月曜日)

「手話通訳事業の業務評価基準策定にかかる研究報告書」

(全通研ホームページからDLしてください)
★全文(PDF:33.9MB)
★分割ファイル
・目次、本文第1〜5章(PDF:1.9MB)
第1章:本事業の背景と問題意識
第2章:手話通訳事業所実態調査
第3章:事例調査報告
第4章:手話通訳業務評価基準(案)試行調査
第5章:ヒアリング調査報告
・本文第6章(PDF:6.2MB)
第6章:手話通訳業務評価基準(案)
・資料1〜5(PDF:746 KB)
資料1:コミュニケーション支援事業(障害者自立支援法・地域生活支援事業)における手話通訳等派遣に関する川崎市聴覚障害者情報文化センターとしての考え方

資料2:特定非営利活動法人コミュニケーション支援センターふくろう 就業規則
資料3−1:通訳等を受けた結果について
資料3−2:手話通訳等の結果について
資料4:周南市手話通訳依頼書
資料5:第2期地域福祉活動推進計画 業務計画シート
・資料6(PDF:1.1MB)
資料6:福祉サービス第三者評価事業のご案内
・資料7(PDF:8MB)
資料7:福祉サービス第三者評価基準ガイドラインにおける各評価項目の判断基準に関するガイドライン
・資料8−1〜8−2(PDF:3MB)
資料8−1:手話通訳者等派遣利用のしおり・聴覚障害者個人からの依頼方法
資料8−2:手話通訳者・要約筆記者派遣のしおり
・資料8−3(4MB)
資料8−3:手話通訳者派遣の手引き
・資料9(4.1MB)
資料9:本委員会・ワーキンググループ 会議開催状況


2008年度独立行政法人福祉医療機構助成事業


What is your No.1 Entertainment of 2009? -Yahoo! JAPAN Net BANZUKE 2009

2009年11月29日 (日曜日)

第26回全国手話通訳問題研究討論集会(要項)

毎年2月に開催される討論集会です。各都道府県や市町等での取組みなどのレポート報告等を行っています。

とき:
2010年2月13日(土)・14日(日)
ところ:
いわて県民情報交流センター(アイーナ)<主会場>
盛岡地域交流センター(マリオス)
北日本医療福祉専門学校
申込締切日:各都道府県聴覚障害者団体、または全通研支部へ
2009(平成21)年12月19日(土)まで
全通研会員で開催要項と申込書がない方はメールか支部運営委員へご確認ください。

2009年11月28日 (土曜日)

全国手話通訳問題研究会山口支部討論集会

聴覚)障害者に関する権利についてお話を聞いてみませんか?
日本には障害者福祉基本法はありますが、障害者の差別や権利を守る法律ができていません。
しかし、世界のながれは権利条約の批准へと向かっています。
これを機会に、すみやすい社会に向けた取組みはなにか考えて見ましょう!!

日時 12月13日(日)10:30〜15:30
会場 山口県聴覚障害者情報センター

午前:聴覚障害者体験発表「私の手話通訳依頼」
午後:講演 『障害者権利条約とわが国の政策課題』
講師:JDF幹事会議長 藤井克徳(JDF=日本障害者フォーラム)
参加費:全通研会員:無料 非会員:500円 
 

2009年11月19日 (木曜日)

インフルエンザ流行発生警報の発令について

本日、山口県下全域に「インフルエンザ流行発生警報」が発令されました。今後さらに流行する恐れがありますので、手洗い・うがいを励行し、咳エチケットを心がけ感染予防に努めてください。医療機関を受診される時は、事前に医療機関に電話をし、マスクを着用して受診してください。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メール送信

出版物

全通研Books

  • ☆研究誌139号:  全国手話通訳問題研究会
    特集 支部活動における他団体との共同
  • ☆聴覚障害者百人に聞きました:     全通研山口支部・山口県ろうあ連盟
       ¥1,000円
    実際に100人の聴覚障害者に聞取りをしています。20代~60代等の方の、現場で働く生の声が収録されています。

聴覚障害者        「自立支援法」

全通研Links

無料ブログはココログ