« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月28日 (水曜日)

名誉運営委員長の伊東雋祐氏をしのぶ会

クリックしてね

標記について、7月17日(祝)・18日(火) 京都でおこなわれます。
詳細は、↓↓↓本部からの案内文を読んでください。
「伊東雋祐氏をしのぶ会」をダウンロード

2006年6月26日 (月曜日)

手話教育の充実とろう児の権利


ブログランキング参加中。

主催-日本弁護士連合会
    関東弁護士連合会
    東京弁護士会
    第一東京弁護士会
    第二東京弁護士会

聴覚障害のある子供を理解し支援するシンポジウム
手話教育の充実とろう児の権利
~手話は、ろう者の言語である~

関心のある方は↑↑↑クリックしてください。

2006年6月24日 (土曜日)

支部 7月定例学習会

人気ブログ上位になり、多くの方にみていただけるようになりました。

7月に、コミュニケ-ション支援の進め方~通訳者派遣事業と有料化を考える~
と題して支部拡大学習会を開催します。
詳細は↓↓↓

「支部 7月定例会」ファイルをダウンロード

2006年6月22日 (木曜日)

山口支部 医療班活動について

別紙のとおり、医療班について検討したいと思います。
関心のある方は、お近くの運営委員等へおたずねください。
「6月医療班活動」ファイルをダウンロード

2006年6月18日 (日曜日)

二次募集しています!

ランキングポイントが加算されます。ポチッと押してください。 ←クリック!


全国手話通訳問題研究集会INえひめ
の二次募集をしています。

締切は6月末となっています。
参加希望者は、全通研会員は支部事務局へ、ろう連会員は県ろう連事務局へ申込みください。

2006年6月17日 (土曜日)

資格試験の募集

現在、30位台です。

第18回手話通訳技能認定試験(手話通訳士試験)の受験申込 受付締切日は、平成18年6月30日(金)〔当日消印有効〕です。


介護支援専門員(ケアマネージャー)の平成18年度の試験日は 10月22日(日曜日) です。詳しくは試験概要(H18)をご覧ください。
これから、介護支援専門員の必要性は増してくると思います。相談支援のプロフェッショナルといっていも良い資格です。受験資格のある方は、ぜひ、チャレンジください。

2006年6月13日 (火曜日)

第14回 中国地区合同手話研修会の案内

今日もみていただきありがとうございます。また、クリックしてください。

今年の研修会は、山口市湯田温泉で行います。
多くの方の参加をお待ちしています。


第14回中国地区合同手話研修会 案内(767.5K)

けいわん検診 案内(204.5K)

申込書 (403.3K)

2006年6月11日 (日曜日)

第30回 中国地区ろうあ女性集会


と き 2006年7月16日(日)
           ~17日(月・祝)
ところ 岡山県聴覚障害者センター
     (岡山市南方2-13-1
          きらめきプラザ4F)
主 催 中国地区ろうあ連盟女性部
主 管 (社)岡山県聴覚障害者福祉協会 女性部
1日目(7月16日) 
13:00~17:00 観光(希望者のみ)
18:00~20:30 交流会

2日目(7月17日)  
9:00~      受付
9:30~      開会
10:00~12:00 討論会
12:00~13:00 昼食
13:00~15:00 講演会
15:00~      引継(山口県へ)解散

参加費
2,500円(お弁当付)
★当日参加の場合、お弁当は付きません

交流会
5,000円(飲み放題付)
宿 泊
岡山ロイヤルホテル
(岡山市絵図町2―4 TEL 086-255-1111 FAX 089-254-0777)
宿泊費:8,000円(朝食付)
講師 山崎 栄子氏
演題 「ろう・そして女性として見た 体験した8.9」

お問合せ・申込み先
集会事務局  庄田 正子
  〒704-8132 岡山県岡山市邑久郷129-4
  FAX 086-946-1329

詳細は、山口県ろうあ連盟事務局まで

2006年6月10日 (土曜日)

訃報

本部より

残念なお知らせです。
名誉運営委員長の伊東雋祐氏が、薬石の効なく、6月9日朝5時10分にお亡くなりになりました。
ご本人とご家族の強い希望により、近親者だけの密葬とされるそうですので、参列はご遠慮ください。
なお、近日に偲ぶ会を計画しますので、改めてご連絡いたします。


「支部だより №36」発行しました。

クリックしていただきありがとうございます。

「支部だより №36」を6月10日(土)に発行しました。

Contents
表紙 (95.1K)
☆報告-支部定期総会
☆関係団体 役員紹介
☆0から学ぶ 障害者自立支援法
☆長門市のケーブルテレビに字幕が
☆全国手話検定試験
☆書籍紹介
☆みんなではなそうよ
☆報告-支部運営委員会
☆行事予定

2006年6月 5日 (月曜日)

締め切り間近!!

ランクアップ、いつもありがとうございます。


週明けは何かと気分が憂鬱になるもの。
「また、仕事の始まりか~」と感じてしまう今日この頃です。

さて、
全通研学校Ⅱ
全通研集会IN愛媛

の申込締切が今週末になっています。

参加希望の方は、支部事務局まで申込をしてください。

2006年6月 3日 (土曜日)

「聴覚障害者に対する運転免許の在り方に関する調査研究の結果について」

今回も全通研山口支部のブログをみていただきありがとうございます。


平成18年4月13日、警察庁交通局から、以下の発表がありました。詳細を記載します。

平成18年4月13日
警察庁交通局

「聴覚障害者に対する運転免許の在り方に関する調査研究の結果について」

1 調査結果の背景
 適正倹素の合格基準は、「10メートルの距離で、90デシベルり警音器の音がきこえるものであること」(第一種免許等については補聴器使用可。)とされ、聴覚障害者団体等から、その見直しを求められている。

2 平成14年度から16年度までの調査研究の結果
(1)米、加、欧州主要国では、自家用自動車等に係る運転免許については聴力を要件としていない場合が多い・ただし、イタリアでは聴力を要件とし、スペインでは一定の聴力障害がある場合は、車両内のワイドミラー(通常のルームミラーの位置の取り付ける大きめの鏡)の装着を義務付けている。
(2)緊急自動車のサイレン音等を光等に変換する装置が研究・開発されているが、実用化に至っていない。

3 17年度調査研究
(1)内容
 車線変更、脇道からの主道路への前進・後退においてワイドミラー等を活用することにより、安全が図られるかを確認する。
(2)結果
 多くの聴覚障害者は、ワイドミラーを活用しつつ、新地様な運転に務めることで、安全確保が図られた。したがって、慎重に運転、及びワイドミラーの適切な活用について徹底する処置を講じることにより、聴覚障害者も普通自動車の運転に関し、十分に安全を確保できるものと考えられる。

4 今後の方針
(1)聴覚障害者に対し、次の事項については教育を行い、安全な運転に支障を及ぼす恐れがない場合は、ワイドミラー装着を条件に普通免許を付与することとする方向で、具体的な教育の方法及び技能試験の在り方を検討する。
ア 自らがどの様な危険を認知できない可能性があるかを自覚した慎重な運転
イ ワイドミラーの適切な活用
(2)聴覚障害者が運転する車両である旨を示すマークの表示の義務付け等について検討する。

2006年6月 1日 (木曜日)

第18回ろう教育討論集会 熊本大会(2006年8月18~20日)

ブログランキング なんとか50位台になりました。

主な官公庁では、ノーネクタイ、ノー上着、つまりクールビズの期間にはいりました。皆さまの職場や周りではどうでしょうか?

さて、
ろう教育の明日を考える連絡協議会
のホームページから標記の

第18回ろう教育討論集会 熊本大会

の案内が見ることができます。

大会申し込み締め切りは、6月30日とのことです。
関心のある方は案内をみてみてください。

また、全通研山口支部の研究部では、ろう教育に関して、昨年に引き続き支部討論集会で情報交換等を行う予定にしています。興味のある方は、お近くの運営委員か支部メールでお問合せください。

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メール送信

出版物

全通研Books

  • ☆研究誌139号:  全国手話通訳問題研究会
    特集 支部活動における他団体との共同
  • ☆聴覚障害者百人に聞きました:     全通研山口支部・山口県ろうあ連盟
       ¥1,000円
    実際に100人の聴覚障害者に聞取りをしています。20代~60代等の方の、現場で働く生の声が収録されています。

聴覚障害者        「自立支援法」

全通研Links

無料ブログはココログ