« 耳の日記念集会IN山口 | トップページ | 「山口支部だより №33」 発行しました »

2006年3月 6日 (月曜日)

聴覚障害者と字幕放送

支部だよりに掲載する原稿について、長門市から「ケーブルテレビ 字幕放送の要望活動」と題していただきました。なぜ、聴覚障害者のために字幕が付けられないのか。聴覚障害者の情報源は視覚からである。問題はお金か?それとも技術的なものか?詳細については3月発行の支部だよりへ掲載します。

そういえば、以前の討論集会の分科会で「TV通訳」だったかな?なんか、聴覚障害者とTVの情報保障について分科会があったな~。
ついでに、山口県ではいつのまにか手話通訳付き番組がなくなりました。まれに、市政だよりでしているところもありますが・・・。

« 耳の日記念集会IN山口 | トップページ | 「山口支部だより №33」 発行しました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聴覚障害者と字幕放送:

« 耳の日記念集会IN山口 | トップページ | 「山口支部だより №33」 発行しました »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メール送信

出版物

全通研Books

  • ☆研究誌139号:  全国手話通訳問題研究会
    特集 支部活動における他団体との共同
  • ☆聴覚障害者百人に聞きました:     全通研山口支部・山口県ろうあ連盟
       ¥1,000円
    実際に100人の聴覚障害者に聞取りをしています。20代~60代等の方の、現場で働く生の声が収録されています。

聴覚障害者        「自立支援法」

全通研Links

無料ブログはココログ