« 手話通訳の有料化について | トップページ | 耳の日記念大会 »

2006年2月19日 (日曜日)

手話運動会を通じて

 朝日新聞 山口版(2月19日付け)に掲載がありました。

 周南市の聴覚障害者が聴覚障害者の理解を広めるために小学生と交流会を行っています。今回は、手話運動会の取材が掲載されていました。現在、この地域では、このような活動が実を結び手話通訳なしでも会話が会話ができる子供たちが増えているっている聞いています。

 ここのサークル活動は、「手話サークルでのサークル会員と聴覚障害者との交流や、対行政等に対する要望運動だけではない。もっともっと地域に目を向けて、地域の人たちを取り込んだ活動が大事である。周りの人が無理だと思っていても、動かないと何も始まらない、成功しても失敗しても必ず得るものはあり確実に聴覚障害者の理解が広まっている。」と感じさせてくれます。

 この記事の内容は、支部だよりに掲載ができたら掲載をしたいと思います。
 皆さんからの地域情報もお待ちしています。連絡先は、左にある支部連絡先をクリックしてください。
 下記からの、コメントやトラックバックでもかまいません。この場を通じて各地域活動の情報提供や情報交換をしてもらいたいとお思います。

« 手話通訳の有料化について | トップページ | 耳の日記念大会 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手話運動会を通じて:

« 手話通訳の有料化について | トップページ | 耳の日記念大会 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メール送信

出版物

全通研Books

  • ☆研究誌139号:  全国手話通訳問題研究会
    特集 支部活動における他団体との共同
  • ☆聴覚障害者百人に聞きました:     全通研山口支部・山口県ろうあ連盟
       ¥1,000円
    実際に100人の聴覚障害者に聞取りをしています。20代~60代等の方の、現場で働く生の声が収録されています。

聴覚障害者        「自立支援法」

全通研Links

無料ブログはココログ